top of page

ガラス作家・宮澤京子さんにガラスの文鎮を制作していただきました。

 

「この前ペンを持って字を書いたのはいつだったかな?」

という方のほうが今時、多いのでしょうか?

これが時代の流れでも、時代は時代ですし、生活スタイルもひとそれぞれです。

文字を書くことを大切にする方達へ、このガラスの文鎮をご紹介します!

 

お習字に限らず、字を書くことが好きな方々なら、ちょっとしたメモを忘れずにおく「目印」としてもおすすめです。

 

忘れてはいけないメモに限らず、「心を癒してくれる言葉」や「好きな言葉」を丁寧に書いた紙をしっかりと押さえておき、目につく場所に置いておくことは、心を整えたい時に意外に効果的ですよ。

そんな大切な言葉の上に、透き通ったガラスの文鎮があれば気持ちもスッとしそうです。

 

モノが生み出されるまでの間には作り手の心があり、そこに至るまでの時間があり、そういう膨大な心と時間があって作品は生み出されるのだと、ガラス作品を手にするたびに思います。

 

宮澤京子さんが作り出すガラスはどこまでも透明で、いつみてもおだやかな佇まい。

これが本当に素敵なんです。

 

ガラスの文鎮_1

サイズ:

高さ 6.8cm

 

*写真・7枚目の白い箱にお入れしてお届けします

 

*箱にリボンがけは無料サービス致しますので、ご希望の際にはご注文時「備考欄」にご希望のリボンお色目を記載してください。

 

 

Wrapping serviceの詳細・リボンの色目はこちらから>>>

 

ガラス作家・宮澤京子のガラスの文鎮_1

¥6,800価格
    bottom of page