top of page

ガラス作家・宮澤京子さんにガラスのインクポットを作っていただきました。

 

ガラスペンに限らず、大切なステーショナリーを丁寧にお使いになりたい方へ特におすすめです。

 

購入したインクは、容量や容器の形状によってはペン先が入らなかったり、ペン先を入れると不安定だったりしませんか?

 

インクを少量ずつガラスのポットへ入れ、使い終わったら蓋をしておけば1週間程度保管できます。

蓋は完全密封ではないので、しばらく使わない場合にはインクは廃棄し、ポットは洗っておくことをおすすめします。

 

手のひらにコロンとのる、かわいい形状と安定感のある重量。

宮澤京子さんらしい作品です。

 

モノが生み出されるまでの間には作り手の心があり、そこに至るまでの時間があり、そういう膨大な心と時間があって作品は生み出されるのだと、ガラス作品を手にするたびに思います。

 

宮澤京子さんの作品は、透明感にガラスならではの艶が加わった、おだやかな佇まいが本当に素敵です。

 

サイズ:

高さ 6.7cm

容量(蓋をしていない状態でぎりぎりまで浸した場合)5 cc

 

ガラスのポット_6

¥6,820価格
    bottom of page